仕事をサポートするサービス│GOODJOBサポーター

利用する前の確認

ペンを持つ手

数年前まで子供を預ける場所は保育所が通常でしたが、近年、事業所内に保育場所を設ける事業所内保育が増加しています。これは、国の手厚い助成制度が一つの要因であると考えられます。事業所内保育を実施する事業所には、その建設費用が助成されるようになっています。 事業所で働く人にとっては、この事業所内保育はかなり魅力的なものであると考えられます。自分の働く場所に子供を預ける事で、子供の発熱等の緊急時にも素早く対応することも可能となります。また、職場に子供を連れて行くということが、子育てにおいては安心感に繋がるとも言われています。 共働きが増える中、保育施設を利用する方は年々増加しています。今後も、共働きの割合は増加していくと思われ、事業所内保育の需要も増加する事が予測されます。

事業所内保育を利用するには、自分の働いている事業所に申し出る事が必要です。しかし、事業所内保育においては、保育士の人数が限られている事から、希望者全員が子供を預ける事ができない場合もあるようです。また、事業所内保育施設の中には、子供の上限年齢を定め低いる場合もあるようですので、そういった場合は注意が必要です。上限年齢に達した場合は、別の保育所を探す必要が出てきます。また、電車等での通勤時に子供を連れていくことに抵抗があるといった方も多くいるのも実情です。 今後、女性の方が働く割合は増加していくことが予測され、共働きの家庭も増加してくと思われることから、より一層の事業所内保育数の拡充とサービスの向上が望まれます。

Copyright © 2015 仕事をサポートするサービス│GOODJOBサポーター . All Rights Reserved.