仕事をサポートするサービス│GOODJOBサポーター

必要性を考える

学習

共働きの家庭が多い現代、子供を預ける保育所は必要不可欠である。 しかし、現状では待機児童の数も多く、働きたくても働けない女性は少なくありません。 そこでこれから必要性が増すのは事業所内保育所ではないでしょうか。 子供と一緒に出勤し、会社で子供を預かってもらえるというのは非常に魅力のあることです。 しかし企業にとっては簡単に事業所内保育所を設置することができない理由があります。 事業所内保育所で利益を得られるかが問題になります。 常に多くの児童が集まるとは限らないので、施設の運営にかかる費用を収益でまかなえるとは限らないからです。 これには国や市町村の協力、また周辺の企業とも連携をはかり施設の運営をする必要がありこれからの課題となるでしょう。 女性の雇用を推進する政府には、事業所内保育所に対しての政策や施設を設置する企業などに対しての助成金など、様々な事が求められてきます。

事業所内保育所を利用する従業員は、施設を利用する際に認可保育所などとは異なる注意すべき点があります。 保育所内の児童は、同じ会社で働く従業員の子供がたくさんいるわけですから、もし子供が上司の子供や同僚の子供を怪我させてしまったりしてしまうことがあれば、会社内での評判や評価に悪影響をもたらさないとも限らないのです。 子供同士の事では済まない可能性もあるという事をしっかり把握しどう対処をすればいいかを考えておく事が大事です。 また、運営する企業にも同じ事が言えます。 そうした事が必ずしも起こらないとは限らないという事をしっかりと把握し、対処の方法、そして児童一人一人を平等にかつ、その保護者に対しても平等に、対応する事が求められてきます。

Copyright © 2015 仕事をサポートするサービス│GOODJOBサポーター . All Rights Reserved.